料金設定について | ソープは風俗で最高のお店!泡の国へ行ってみよう!

料金設定について

「料金設定について」のピクチャです。

川崎にもソープランドはあります。近場の人は早速遊びに行ってみよう!と思うことでしょう。ソープランドは泡の国とも呼ばれていますが、それはお風呂をモチーフにした風俗だからです。特殊浴場とも呼ばれてします。お風呂でエッチするというのは他の風俗でも出来なくもないのですが、ここではそれが特に優れたサービスだということです。
ところで、ソープランドには独特のコンセプトがあります。それは「浴場へ遊びに行ったらお世話をしてくれる女の子と仲良くなったのでチップ払ってエッチしちゃった」というものです。それがどうしたと思うかもしれませんが、ここには他の風俗とは違う落とし穴があります。ポイントは浴場に遊びに行ったというところと、女の子にチップを払ったというところ。そう、これは一緒ではなく別なことなのです。つまり入浴代とチップにあたるサービス代というのが別扱いとなっており、受付では料金設定が入浴代のみ記載されているのです。ですがそれはあくまでも形であり、実際にはしっかりとサービス代も求められます。なんだ?これだけでいいの~?と思ってたらその倍以上は取られるというのは覚えておきましょう。
一般的には入浴代の2~3倍がサービス代だと言われています。

またその総額によってお店はランクわけされています。ランクによってソープランドの質が変わって来るというのも覚えておきましょう。